レイキは宇宙に充満する波動の一つ、昔からさまざまな波動の中に“病気を癒し、心に平安を与える”高い波動が存在することが知られており、レイキ(霊気)と呼ばれていました。レイキは、人の高い波動と響き合い、健康と幸せ、そして自分を愛することを教えてくれます。レイキ法は霊気療法ともいい、1865年(慶応元年)に生まれた、臼井甕男という人が始めました。

 

若い頃、郷里の岐阜県を離れ、各種の職業を体験するうちに、「人生の目的は何なのか」と、深く考えるようになり、長い探求のあと、「人生の目的は安心立命を得ることだ」と結論に達しました。

それは、「人は宇宙から指名を与えられ生かされている存在である」という真実を知ること。

そして、「人を生かしている宇宙が、人の病気や不幸を願うはずがない。宇宙を信頼して、人生で何が起こっても動揺せず、いつも安らかな心を保ちながら、自分の役割を果たして行けば良い」と言うことです。

このように理解した臼井先生は、安心立命の境地を求めて京都の寺で3年間の座禅を行いました。

しかし、目指す境地は得られず、ついに死を覚悟して鞍馬山で断食の結果、体内の波動と宇宙の波動が共鳴して、自己と宇宙との一体化が得られ、求めていた境地が完成しました。

臼井先生は、宇宙と共鳴した高い波動を昔から言われているレイキだと直感しました。

霊気は宇宙からの導きの波動であり、霊気と響き合う生き方こそが、健康と幸福への道である」と悟りました。