この地球の生きとし生けるもの、すべての生き物には自らを修復する力が備っております。それは、自然治癒力であり、ナチュラルキラー細胞(NK細胞)という細胞であります。

例えば、野生の動物は病気になると餌を口にしないで身体が元の状態に戻るまで何時間でもじ~っと待っています。人間も断食をするとあらゆる病気が改善されるのは、この自然治癒力の働きがあるからですね。この自然治癒力もあらゆる形で我々人間をサポートしてくれております。がんを例に挙げてみますと、私たち人間は、この世に生を受けた瞬間から毎日5000個ものがん細胞が発生していると言われています。そこで、このがん細胞をやっつけてくれる強い味方が、そうです。NK細胞なのです。

人によって、このNK細胞の数が違ってくるのですが、通常、数万個単位が活動しています。これも有難いことで、人間の癒しの状態が多ければ多いほど、このNK細胞が増殖するのです。大声で爆笑している時など、NK細胞が通常の6倍増えると言われており、また、思いっきり嫌なことや悲しいことなどを表に出しきって、泣くだけ泣いた後は、笑った時よりも何倍ものNK細胞が増えていると言われています。あと、温泉へ行ってリラックスしたり、自分に合う運動をしたりと、とにかく自分が心地良く調和のとれた生活をしているとNK細胞が増えて病気になりにくくなるのです。

しかし、現代人の多くが、病気になったらその症状を病気だと思い込んでしまい、症状を抑えるために直ぐに薬に頼ってしまう(風邪を引いた時がいい例ですね!)傾向が増えております。その症状は、今の身体の状態を知ってもらいたいという、身体の声なんですよね。

健康な身体だからこそ、身体が元の身体に戻ろうとする現れですので、症状が出たら、先ず、何が原因でこの症状が出てきたのかを自分に問うことが何よりも大切だと思います。対処療法で処置した場合、どんどんと免疫力も下がって来てしまい、余計に病気を慢性化してしまうことに繋がったりします。

それと同時に、病気が長引けば長引くほど、気持ちも落ち込みネガティブな方向に進んで行ってしまいがちです。そうなるとNK細胞もガク~ン、と下がってしまい悪循環に陥ってしまいます。

 

そんな時に、この自然治癒力を高める為の手助けをするのがレイキヒーリングです。レイキヒーリングは、あらゆる面での気づきも起こしてくれ、心身共に健康へと導いてくれます。ヒーリングを行うと、体内エネルギーの循環が促進され、不要なエネルギーは排除され、自分自身の力で本来の完全な状態に身体を戻していきます。また、人間の身体は、常に最善の状態を維持しようとしているので、緊張やストレスなどの阻害要因を除くことが出来れば、自ら健康を取り戻すように働いてくれます。2500年前のお医者さんで、医学の父と呼ばれている「ヒポクラテス」の言葉で、とてもいい言葉ありましたので紹介しますね。

 

人間は誰でも体の中に百人の名医を持っている。

私たちの内にある自然治癒力こそ真に病を治すものである。

病気は人間が自らの力をもって自然に治すものであり、医者はこれを手助けするものである。

 

以上、ヒーリングについてでした。